1. 校長あいさつ

校長あいさつ

校長あいさつ

 

    「さらなる高嶺(たかみへ)」

 今年度、本校第18代校長として赴任して参りました長田 宗彦(ながた むねひこ)と申します。赴任の際には、教職員をはじめ保護者、地域の方々の心温まる歓迎を受け、心より感謝申し上げます。本校の歩んだ歴史と伝統、校風を引き継ぎ令和の新時代に融合した学校づくりに鋭意努力する所存です。

 本校は昭和48年「とみしろ団地」が建設され、2年後の昭和50年に豊見城村立上田小学校からの分離校として設立されました。今年度で創立46年の歴史と伝統のある学校です。現在の校舎は平成21年9月に完成し、野菜生産団地のハウス群をはじめ市内を一望できる「高嶺原」に位置しています。
 市内屈指の景勝地にある本校は、年々児童が増加傾向にあり、令和2年4月1日現在、児童数629名、30学級(通常学級21学級、支援学級9学級)となっています。

 本市の「ひと・そら・みどりがつなぐ 響むまち とみぐすく」のキャッチフレーズのもと、「やさしく かしこく たくましく」そして、地域を愛し地域に誇りと愛着をもった豊見っ子の育成をめざしています。
  今年度の重点目標として、「人権教育の徹底」を図り、いじめゼロ、不登校ゼロをめざした取組を行います。また、児童が安心して学習できる「支持的風土のある学校」の確立に努めます。そして、学習用具の準備や聞く態度の育成等の学習規律を徹底し、学力向上を推進します。さらに、児童の豊かな感性を育むために「花いっぱい運動」を中心に環境教育を保護者や地域のご協力のもと、粘り強く進めて参ります。

 「地域と子どもを育てる学校」を合言葉に、職員一同「チーム豊見城小」の気概と情熱をもって、地域の将来を担う子ども達を保護者と地域とともに心やさしく、たくましい児童に育んでいく所存です。今後とも本校の教育活動にご理解とご協力を賜り、一層のご支援をお願い申し上げます。

 

令和2年4月1日
豊見城市立豊見城小学校
校長 長田宗彦